FXと他の投資を比較してみよう

FXはここ10年でできた新しい投資です。しかし今では、本屋さんに行っても、FXに関する参考書が多く並んでいます。FXは今や他の投資よりも多くの人気を集めている投資なのです。ではなぜ他の投資よりも人気があるのか。
今回はFXと他の投資といろいろ比較し見ましょう。


<FXの長所>

FXが今なぜこんなに多くの人気を集めているのか。まずはこの投資の特徴を紹介したいと思います。
まず、いつでもどこでも取引できる、注文方法が豊富、初心者でも簡単にできる、少額からでも始めることが出来る、とりあえずこんなところでしょうか。
まず、FXは24時間どこでも取引することが出来ます。これが現代の忙しい人からしたらとても便利で参加しやすいですね。取引時間が決まっていると必ずその間は、時間をとられてしまいます。仕事や家事、勉強などでその時間に取引することが出来ないという人もいます。そういった方には嬉しい事ですね。
注文方法はいろいろな種類があります。例えば、成行注文、指値注文、IFD注文、IFO注文トレーダ注文など多岐にわたります。注文の種類が多いという事は、それだけ投資家に選択肢があるという事です。それにFXは最低4万円あれば始めることが出来ます。投資には多額の資本金が必要だというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。
少額からでも始めることが出来るので、主婦や学生の参加者も多くいらっしゃいます。


<株式投資>

投資と言えば、株式投資をイメージする人が多いかもしれません。実際に株式投資は昔から行われていましたし、参加者も多くいます。そもそも株式投資とは上場している企業が発効している株を売買することです。その企業の業績が上がると株価が上がり、反対に業績が下がると株価が下がります。
いわば投資家は会社に先行投資をしていることになります。この株式投資に全くの投資経験が無い人が行ったらどうでしょう。どの株を買ったらいいか迷うのではないでしょうか。一部上場している企業だけでも200社は超えます。その他にも東証二部、ジャズダック。マザーズも含めると莫大の数になります。この莫大の数の会社の事を把握するのはとても大変ではないでしょうか。会社の名前を知っていればいいわけでもありません。その会社の経営理念、セグメント、規模、などその他の情報も把握しなければいけません。
これが初心者の方にはハードルは高いでしょう。
それに株式投資は取引することが出来る時間が決められています。
初心者の参入のしやすさ、取引できる時間の二つがFXと大きな違いです。


<投資信託>

投資信託は、資産運用のプロが代わりに投資を行ってくれます。株式投資もFXも個人が取引していました。それらの投資と比較すると、投資信託は任せっきりなので、参加する人に金融知識はいりません。
FXと比較すると、投資信託をするには最低でも何十万ものお金がいります。専業主婦や学生にはなかなか手を出しづらい投資です。


<バイナリーオプション>

バイナリーオプションを聞いたことがありますか?この投資も最近できた投資なのです。この投資はものすごく簡単です。通貨の価格が上がるか、下がるかを判断するだけです。この二択だけです。これなら投資経験が全くないわたしでもできると思うかもしれませんが、バイナリーオプションは投資というよりも、ギャンブルです。バイナリーオプションは短期間の価格の変動を予測します。為替とはトレンドがきまっていても、必ず短時間に予測しない動きを見せます。これをノイズと言います。このノイズは予測できません。
バイナリーオプションをするには手数料がかかります。この手数料を踏まえると、バイナリーオプションの期待値はマイナスになります。
FXは最近ではこの手数料を取らない会社がほとんどです。さらに、FXは相対取引なので、ブローカーがいるバイナリーオプションとは根本的に違います。


どうでしょうか。他の投資といろいろ比較してみると、それぞれ長所短所があることが分かりますね。もし自分にはFXよりも他の投資が合っていると感じたら、別の投資を選択すればいいだけです。
自分のライフスタイルに合った投資を選択することが、長く続ける秘訣です。

Posted in FX 比較 | Leave a comment

Comments are closed.