FXのトレードスタイルを決めよう

FXはあらゆるトレードスタイルで投資を行うことができると言われているそうです。FXでは、24時間為替が動いているので、短期で一日ごとにトレードを終わらせる投資家、数週間で売り買いを行うスイングトレーダー、数か月や年単位で行うポジショントレードなどに分類されているそうです。


増えているデイトレーダー

FXを始めた多くの初心者が、デイトレーダーという一日ごとに一度決済を行う投資方法を利用していると言われています。これは自分のあいた時間、朝やランチ、夕方の休憩などに取引を行い、自分の管理できない時間帯(夜は寝てしまいますから、長時間放置することになるため)に大きな動きがあるリスクをなくすトレードスタイルです。中には秒単位に売りと買いを繰り返すスキャルピングというトレードもあるそうです。


長期の取引はレバレッジを低めに

長い間、為替の動きをキープするトレードでは、デイトレードやスキャルピングと比較するとレバレッジを低く抑えることが多いそうです。しかし長期に渡ってトレードを行うには24時間動き続ける為替で証拠金を大きく損なわないために、強制ロスカットやストップロスという決まった金額以下になったら取引を自動で強制終了させる機能などを併用して、マイナスをなるべく少なくすることが大切なのだそうです。

Posted in FX 比較 | Leave a comment

Comments are closed.